栃木県宇都宮市の歯医者|さくら市、鹿沼市からも来院されています|名取歯科クリニック

無料メール相談インターネット予約

名取歯科クリニック
医療者として、患者様のために全力を尽くす。歯を守るのが、私の仕事です。
名取歯科クリニック トップページ院長紹介治療に対する考え方治療費についてアクセス・地図歯や治療のメール相談インターネット診療予約

初診の方へ 無料メール相談インターネット予約 無料メール相談インターネット予約 無料メール相談インターネット予約

金属アレルギー

■金属アレルギーとは?

金属そのものは身体に無害ですが、汗や唾液などによって金属がイオン化すると、金属の成分が皮膚を通して体内に入っていきます。金属アレルギーだという自覚はなくても、夏などに汗をかいたあと、アクセサリーや時計、ベルトのバックル、ジーパンの金具、眼鏡の金属部分など、肌に触れていたところが赤くなったり、かゆくなったりした経験がありませんか?

体内に取り込まれた金属イオンは、身体の中にあるたんぱく質と結合します。この「金属+たんぱく質」という新しい物質を身体は「異常なもの」と認識し、次に同じ金属が体内に入ってきてたんぱく質と結合した時に、身体がこの「金属+たんぱく質=異常なもの」を攻撃し、同時に皮膚や粘膜を破壊してしまうこと。 これが金属アレルギーのメカニズムです。

■歯科金属アレルギー治療について

口の中は常に一定の温度に保たれ、しかも常に湿っています。高温で多湿な環境に金属を置いておくと、錆びたり劣化したりするのは想像できると思います。それと同じ状況が、あなたの口の中でも起こっている可能性があります。

ご希望の方には、当院と提携しているアレルギー専門内科医をご紹介いたします。内科でのアレルギー検査の結果をもとに、必要に応じてアレルゲンとなっている金属の除去等を行います。

■水銀を含む保険金属「アマルガム」

20年くらい前まで、小さなむし歯を削った後の詰め物に、「アマルガム」という保険の金属がよく使われていました。このアマルガムという金属は、水銀を50%も含んでいます。
(水銀の他には、銀35%、スズ9%、銅6%、少量の亜鉛を含んでいます。)

「保険で認められている金属なのだから、水銀が含まれていても大丈夫なのでは?」と思われるかもしれませんが、金属は長い年月をかけて劣化していきます。ましてや、口の中は常に高温多湿な、金属にとって過酷な環境です。熱い飲み物などでも(ほんの少しずつですが)溶けてしまうことがありますし、長年のうちにアマルガムも腐食し、溶け出た成分が体に吸収、蓄積していくといわれています。

明るい部屋で、鏡を使って口の中を見てみてください。
昔むし歯治療をしたところに、黒ずんだ小さな詰め物があったら、それはアマルガムかもしれません。

水銀は、不定愁訴を引き起こすとも言われています。水銀が胎児や母乳に影響を与える可能性があることから、イギリスの厚生省やスウェーデンでは、妊婦にアマルガムの詰め物をしないように警告しています。

アマルガムは固まりやすくて溶けやすい金属のため、以前は歯科治療でもよく使われていましたが、最近ではアマルガムが含む水銀の危険性を考慮して、だんだんと使われなくなってきています。 アマルガムは形が変わりやすいので、詰めてから年月が経ったアマルガムは、その境目からむし歯が再発することがよくあります。

当院では、むし歯を削った後の詰め物に、リスクの高いアマルガムを使わないことはもちろんですが、劣化して腐食しているアマルガムの除去も積極的に行なっています。
気になる方は、一度ご相談ください。

無料メール相談インターネット予約

---

医院名 名取歯科クリニック
住所 〒321-0414 栃木県宇都宮市中里町2702-25 アクセスマップ・地図
電話 028-674-7117

診療日時


NATORI DC

虫歯治療歯周病治療セラミック治療インプラント治療入れ歯治療ホワイトニング口臭治療口内炎の治療
歯ぐきの黒ずみ(メラニン)除去治療知覚過敏症の治療定期検診歯のクリーニング(PMTC)金属アレルギー

Copyright(C) 名取歯科クリニック All rights reserved.